電子機器と水滴

撥水加工で電子部品を保護!幅広い製品に活用されている技術

大切な革製品を守るのに効果的な撥水加工

水しぶき

革製品というのは水に弱いという難点がありますが、日常生活の中では外出先で急な雨や雪に降られる事もありますし、飲み物をこぼしてしまうことだってあります。こうしたトラブルを防ぐために必要なのが撥水加工です。水を浸透させない事で革の変質や色落ちを防ぎ、さらにメンテナンスの手間を抑えてくれるので、革製品でも気兼ねなく日常使いできるようになっています。衣服の撥水加工としてはシリコンコーティングとフッ素コーティングの2パターンあります。革製品に限って言うとフッ素コーティングが一般的です。シリコンは強力な被膜を作るので撥水性は高いですが、通気性が損なわれるので皮革が傷みやすいデメリットがあります。また起毛素材などでは染みになる事もあります。一方のフッ素はシリコンよりも細かい樹脂が皮革の表面をまんべんなく覆うので、革の繊維を潰さず通気性を確保してくれて、製品が傷みにくいです。さらに染みにもなりにくいので、天然革にも安心して使えるというメリットがあります。最初から撥水性を持たせた製品もありますが、後から撥水加工を施す事も出来ます。スプレー式の撥水剤が市販されていますし、クリーニング店などで撥水処理を施してもらう方法もあります。濡れたり汚れてからでは遅いので、新品の革製品を手に入れたらすぐに撥水加工するのが基本となります。

Article List