電子機器と水滴

撥水加工で電子部品を保護!幅広い製品に活用されている技術

フッ素コーティングで皮革製品の撥水加工をするメリット

水に濡れるガラス

バッグや洋服、コート、シューズ等、ファッションアイテムの生地として使用される素材は各々独自の風合いや魅力を備えています。中でも、皮革でできた製品は、渋みのある生地の手触りやシックな色合いで人気ですが、これをずっと維持するために、撥水加工という製品表面の加工技術が使われています。撥水加工にはフッ素コーティングが使われており、この方法でコーティングされた皮革生地は、フッ素樹脂の薄膜でおおわれて、かりに水がかかっても、その膜が水分を弾き、生地と直接接することはありません。皮革の製品は特に水分が大敵で、水によるダメージによって変色したり、生地が傷んだりしてしまいます。更に、濡れたあとの手入れが悪くて、製品表面の水気を軽く拭きとっただけで、高温湿度下に放置したりすると、生地にカビが生えて臭いがつくことさえあります。きちんと生地に表面加工を施し、撥水性をもつ皮革を使っていれば、このような懸念を最小限に抑えることができます。また、購入した皮革アイテムを長期間にわたっていいコンディションに維持する上では、同じ撥水効果が期待されるレザー製品専用のスプレーなどをこまめに使って、丁寧に手入れすることが大切でしょう。

電子部品に加工を施して撥水撥油効果で保護しよう

製品や部品を保護する目的で、様々な物質を使ったコーティング技術が活用されています。中でも、撥水性の高いコーティング剤を使った表面加工は、製品ないし部品を水分による悪影響から保護する上で大変大きな役割を演じています。例えば、電子部品などは非常に精巧な造りのものが多い上に、金属製のものが沢山あります。精巧な金属部品は水によるダメージや脂溶性汚染物質による汚れなどで性能の低下、耐久性の劣化といった問題を起こしやすいです。そこで、コーティング剤を使った撥水加工を施すことで、この両方の問題に適切に対処することが可能です。撥水性というのは、コーティング剤に含まれる成分で形成された塗膜によって水をブロックし、製品そのものに水が直接的に接しないようにする特性を言います。撥水加工を行えば、デリケートで不具合を起こしやすい各種の電子部品が水分によって悪影響を受け、正常に機能しなくなるのを事前に防ぐことができます。また、撥水性を付与するその同じ表面加工により、撥油性も同時に備わるため、脂汚れによるダメージからも電子部品を保護出来ます。このように、撥水加工は電子部品の品質や耐久性を維持向上させるために、非常に重要な役割を演じています。

幅広い製品で活用されている撥水加工とは

製品表面を加工して傷がついたり汚れたりするのを防御する方法の一つにコーティングがあります。中でも、撥水加工が非常に多くかつ多様な製品で活用されています。撥水加工というのは製品に撥水性、すなわち表面で水分を弾いて中に浸透させない性質を付与するコーティング方法を指します。これが非常に広範囲の産業分野で活用されているのは、それだけ水で劣化したり、性能が低下したり、耐久性が落ちたりする製品が多いことを示していると言えるでしょう。例えば、電子部品にも撥水性を付与できるコーティングが施されていますが、電子部品が水に耐性を持つことによって、錆び付き防止や部品の機能低下を防ぐことができます。また、最近は普段着用するスーツやコートなども撥水性のものが沢山あります。着用するものに撥水性が備わっていれば、雨や雪は勿論のこと、ドリンク類や汚水による汚れを防止するのに役立つでしょう。レザー製品もまた、撥水性を備えることで大きなメリットを享受できる製品の一つとなっています。皮革という素材は水によって傷みやすく、変色やカビの発生で外観も劣化します。レザー製品としての魅力を損ないますので、撥水性を持たせることには大きな意味があると言えます。

Article List