電子機器と水滴

様々な製品に撥水加工を行うメリットとその効果について

撥水加工の防水加工より優れた性能とは

撥水加工された布

雨の日に使用するレインコートやブーツなどを探しているとよく目にするのが、撥水加工や防水加工と言った言葉です。どちらも水を防いでくれそうな響きではありますが、詳しくその違いを知っている方は少ないでしょう。そこで撥水と防水の違いを簡単に説明します。そもそも撥水も防水も、水を防ぐという発想は一緒ですがアプローチが異なります。まず撥水加工というのは生地などの物体の表面を水が弾くようにすることです。水を弾くというのが具体的にどのようなものかというと、水が玉のようになって転がっていくイメージです。一方防水加工というのは水を物体の内側まで通さない加工の事を言います。撥水加工のように水を弾くのではなく、水をそもそも通さない事をコンセプトにしています。単に水を防ぐという意味では防水加工の方が強力ですが、衣服として見た場合には通気性が悪くなりがちです。一方の撥水加工は物体の表面だけに撥水性を持たせることが出来るので、普通の布にも撥水加工を施すと水を弾いてくれるようになります。しかも繊維の目は塞がないので、雨水は弾くけれども衣服の内部の空気は通してくれます。蒸れを防いでくれるので着心地も快適という利点があります。また防水加工だけだと生地の表面に水が留まる事もあるので、汚れも付着しやすくなりますが、撥水加工を施すと水と一緒に汚れも弾いてくれて清潔に保ちやすいメリットもあります。

Article List